スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 ルイーズ・ブルジョワ ぬぐい去れぬ記憶が作品に(産経新聞)

 第11回高松宮殿下記念世界文化賞・彫刻部門の受賞者で、巨大なクモの彫刻で知られるアメリカを代表する彫刻家、ルイーズ・ブルジョワさんが98歳で亡くなった。東京・六本木ヒルズのランドマークにもなっている巨大なクモの作者といえば知る人も多いだろう。

 長い作家人生はきわめて遅咲きだった。有名になったのも70歳を過ぎてから。1982年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催された回顧展が評判を呼び、さらに93年にはヴェネツィア・ビエンナーレのアメリカ代表に選ばれ、世界的な彫刻家へと駆け上がった。

 1911年、フランス・パリに生まれた。父親はアンティークのタペストリーの修復業を営んでいた。裕福な家庭に生まれたものの、家庭は複雑だった。彼女が慕っていた家庭教師は父親の愛人だった。それを知ったことが原因で精神の不安定な少女期を過ごした。32年に母が亡くなると、ブルジョワさんは川に身を投げた。が、父親によって幸いにも助け出された。

 数学を学ぶためにソルボンヌ大学に進学したが美術の道へ。38年、アメリカ人美術史家と結婚して渡米。その後アメリカ国籍を取得し、創作活動を続けた。

 「子供のころの出来事が制作の源になっています。欠けたものを探し、いまも探し続けています」とブルジョワさんは世界文化賞を受賞した際のインタビューで語っている。幼いころの体験は作品に反映された。

 当初は絵画を制作していたが、40年代から木を素材にした彫刻を制作するように。60年代以降は石膏(せっこう)やブロンズなどを素材に、乳房や性器、内臓など身体をモチーフにした彫刻やオブジェを制作した。神奈川県箱根町にある彫刻の森美術館にはヒステリーを起こし、身体がのけぞった頭部のないブロンズ彫刻「ヒステリーのアーチ」(93年)がある。

 個人的な体験は身体にこだわった作品となった。

 90年代からはさまざまなクモのバージョンを制作した。

 「クモはかわいそうな母の象徴なのです。父は他の女性と男女の関係があり、私はそのことで母をとても哀れに思っていました」

 クモはどれも雌クモで腹に卵をかかえている。

 欧米の美術に詳しい熊本市現代美術館の桜井武館長は「卵を抱いたクモはロンドンのテート・モダンなど世界の美術の拠点に置かれ、自身のアートを孵化(ふか)させていった。高齢になってからも制作し続けた希有のアーティスト」とたたえる。

 ブルジョワさんは「私にとって彫刻とは、身体そのものだ。私の体が私の彫刻なのだ」

(「ルイーズ・ブルジョワ展」図録・横浜美術館)と、長く助手を務めたジェリー・コロヴォイさんに語っている。

 幼児体験など自伝的要素をはらみ、性、不安、孤独、暴力といった心の奥底に刻まれたぬぐい去れない記憶がさまざまなオブジェとなって現れた。そして作品は世代や国境を越えて世界に旅だち、個人の物語は普遍化されていった。(渋沢和彦)

【関連記事】
L・ブルジョワさん死去 世界文化賞受賞の彫刻家
【世界文化賞】歴代受賞者(敬称略)
写真家の杉本博司氏らに世界文化賞
ローマの宮殿で彫刻展 現地在住の小寺さん
北区ゆかりの彫刻家の作品展
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

菅内閣 平均年齢59歳、政経塾出身者3人も(産経新聞)
財務副大臣に池田氏起用へ(産経新聞)
派遣法改正案 今国会の成立困難に…長妻厚労相(毎日新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
参院選 谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)
スポンサーサイト

通信制高校長と口論、元女生徒が液体で放火(読売新聞)

 1日午前11時50分頃、岐阜市長住町の通信制高校「第一高等学院岐阜校」の1階職員室で、県内の元生徒の少女(17)が、持参したペットボトルに入れていた揮発性の液体を巻き、ライターで火をつけた。

 職員がすぐに消火器で消し止め、けが人はなかった。

 岐阜中署の発表によると、少女は午前11時頃、同校を訪れ、校長(40)と応接室で話し合い中に口論となり、火を付けたという。

 少女は今年3月に同校を辞めていた。少女は体調不良を訴えて市内の病院に運ばれて入院し、同署は回復を待って現住建造物等放火容疑で調べる。

 出火当時、校内では生徒21人が授業中だった。

がん組織、有機ELで発光=早期発見に活用も―群馬大(時事通信)
漢方薬の郵送販売求め要望書―日本漢方連盟など(医療介護CBニュース)
<シー・シェパード>元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
【菅登板】拉致犯釈放嘆願書に署名「反省を」(産経新聞)
中畑氏と石井氏 民主撃ちでG4番タッグ(スポーツ報知)

首相、財務相と午後に会談(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は21日午後1時から、菅直人副総理兼財務相と首相官邸で会談し、現下の経済情勢について協議する。ユーロ急落など為替市場や、日米欧の株価大幅下落など動揺が広がっている金融市場動向を踏まえ、政府として今後の対応を検討するとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<訃報>前衛美術評論の草分け、針生一郎さん84歳(毎日新聞)
琴光喜関を事情聴取=野球賭博疑惑で―警視庁(時事通信)
雑記帳 明るい社会づくりに谷村新司さんが応援歌で協力(毎日新聞)
同時改定の焦点は「地域完結の24時間支援システム」―民主・山崎議員(医療介護CBニュース)
首相は辞任を=公明・山口氏(時事通信)

<成人T細胞白血病>発症予測に血液診断 悪化抑制にも道(毎日新聞)

 成人T細胞白血病(ATL)の原因となるウイルスの感染者が将来、発症するかどうかを判断する血液診断法を、岩永正子・長崎大研究員と渡辺俊樹・東京大教授らが開発した。現在、日本産科婦人科学会などは全妊婦に血液検査を実施する準備を進めている。未確立だった発症リスクを知り、予防や症状悪化を抑える道が開かれる可能性がある。米血液学会誌「ブラッド」(電子版)に掲載した。【斎藤広子】

 ウイルスは母乳や精液を通して、血液中のリンパ球の一種「T細胞」に感染する。厚生労働省研究班によると、国内の感染者は約108万人、感染後の発症率は5%と推定されている。調査は02年8月~08年12月、全国の43医療機関で感染者1218人(男426人、女792人)を対象に、毎年1回の血液検査を実施。リンパ球のうちウイルスに感染したT細胞の割合(感染細胞率)を調べた。

 その結果、期間中にATLを発症した14人(男4人、女10人)の感染細胞率はすべて4%以上だったことが分かった。平均値は10.3%で、発症していない感染者の平均1.56%を大きく上回った。14人のうち3人は家族に発症者がいた。

 現在、感染細胞率の上昇を抑える新薬開発が進んでいる。

 また、鹿児島大は04年、緑茶から抽出したポリフェノールを摂取した人ほど感染細胞率が下がったと報告した。

 渡辺教授は「感染細胞率が発症リスクを判断する指標になる。感染しても発症を抑える可能性が出てきた」と話す。

【関連ニュース】
バイオ医薬品:官民で研究開発を後押し 支援会社設立へ
胎児治療薬:保険を適用 胎盤通じ投与、呼吸困難防ぐ
抗がん剤:「セツキシマブ」で副作用死?
毎日起業家新聞:日本ケミカルリサーチ 人工透析患者の貧血薬、バイオで後続品
ファイル:数字・言葉・経済 官民でバイオ医薬品支援会社

口蹄疫対策、支援に努力=東国原知事と会談-平野官房長官(時事通信)
裁判員裁判通訳人 選任基準あいまい 資格制度の必要性指摘(産経新聞)
朝日新聞阪神支局襲撃“実行犯”名乗った男性自殺? 北海道で白骨化(産経新聞)
<放鳥トキ>秋田に雌1羽飛来…これまでの飛来地で最北(毎日新聞)
民主マニフェストに目立つ矛盾 消費税トーンダウン(産経新聞)

殺人 65歳の男女2人刺され死亡 京都・長岡京市の路上(毎日新聞)

 12日午前1時35分ごろ、京都府長岡京市開田1の路上で男女3人が口論しているとの110番通報が京都府警にあった。警察官が駆け付けたところ、ともに65歳の男女2人が刃物で刺されており、間もなく死亡が確認された。2人を刺した男は西へ徒歩で逃走。府警向日町署が殺人容疑で捜査している。

 府警によると、男は40~50歳くらいの小太りで、白っぽい服装だったという。

<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)
<鳩山首相>夏の衆参同日選 「あり得ない」と否定(毎日新聞)
9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく-気象庁(時事通信)
【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
皇太子さま、首都圏外郭放水路に(時事通信)
プロフィール

すぎうらよしかつさん

Author:すぎうらよしかつさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。